Contact us

812 Superfast をベースにしたスペシャルバージョンの公式写真を本日から公開

モデルの名称と技術的な詳細情報は、5 月5 日にフェラーリのSNS アカウントでライブ配信を行うイベントで明らかに

高級感、レーシング・スピリット、革新的自動車の頂点というフェラーリDNA の究極形

自然吸気V12 エンジンが9,500 rpm で830 cv をたたき出し、無尽蔵のパワーとパフォーマンスの興奮をもたらす

2021 年4 月21 日、マラネッロ発  本日、ワールドプレミアに先立って、フェラーリの最新リミテッド・エディション・スペシャルシリーズの公式写真が公開されました。ワールドプレミアは、5 月5 日中央ヨーロッパ夏時間14:30(日本時間21:30)にフェラーリのSNS チャンネルでライブ配信されます。

新モデルは、批評家の絶賛を浴びた812 Superfast の特徴を前例のないレベルにまで磨き上げ、フェラーリが誇る至高のフロントエンジン・ベルリネッタのコンセプトを究極の形で表現しています。その結果、フェラーリの70 余年におよぶ世界中のサーキットでの経験を凝縮し、象徴するモデルが誕生しました。サラブレッド・スポーツカーのDNA を生かして、パフォーマンス、フォルム、機能性を完璧に融合させています。フェラーリの最も情熱的なコレクターや目の肥えたオーナーの皆様を念頭に、屈指のドライビング・プレジャーを保証するため、妥協のないエンジニアリング・ソリューションが無数に取り入れられました。

すべてのフェラーリモデルと同様、最も際立つ特徴は、その心臓部にあります。このモデルに搭載するのはマラネッロの伝説的な65° V12 エンジンの最新進化型で、最高出力はフェラーリのどのロードカーのエンジンも上回る830 cv、最高回転数もやはりどのフェラーリICE より高い9,500 rpm です。最先端の素材を使用したほか、エンジンの主要コンポーネントの多くを再設計し、新バルブ・タイミング・メカニズムと新排気システムを採用。これらはほんの一部にすぎませんが、こうした技術的ソリューションによって、フェラーリで最も高貴なるエンジンが、V12 クラスでも未曾有のパフォーマンスレベルに到達しました。

パワートレインが解き放つ純粋でありながらも猛々しいパワーは、クラストップのビークル・ダイナミクス・コントロールと組み合わされます。そのため、パフォーマンスをフルに活用でき、ステアリングを握る楽しさが最大限に高まることが保証されます。なかでも特徴的なソリューションが、四輪独立ステアリングの採用です。これによってコーナリング時に感じる敏捷性や正確性が拡大されると共に、ステアリング操作に対する比類ない応答性が実現しました。もうひとつ、エンジニアリング上の特筆すべき成果として、812 Superfast から車両の総重量を削減するために行われた開発が挙げられます。特に、エクステリアとコックピットに幅広くカーボンファイバーを使用した点が大きく貢献しました。最後に、新モデルでは、ビークル・ダイナミクス・システムとして名高い「サイドスリップ・コントロール」のバージョン7.0 がデビューします。

この新モデルで特に目を引くのが、徹底的なエアロダイナミクスの研究によってボディラインが大きく変わったことです。エアロダイナミクスのエンジニアは、フェラーリ・スタイリング・センターと密接に連携して、公道仕様の車両には前例のないシルエットを持つ過激なフォルムをソリューションとして採用しました。車両全体のエアロダイナミクスを再設計したのは、ダウンフォースレベルを最大化するためです。新しいフロント・エアインテークやリアのディフューザー、エグゾーストの構成はもちろん、新たにボルテックス・ジェネレーターを装着した特許取得のリアスクリーンのデザインまで、あらゆる変更点が、形状は常に機能に従わなければならないというフェラーリの中核的理念を忠実に守っています。

デザインに目を向けると、この新スペシャルシリーズは完全に独立した強い個性を持ち、ベースとなった812 Superfast とは明確に差別化されています。これは、812 Superfast のアーキテクチャー・デザインやダイナミズムをさらに強化するスタイリング・テーマを選び、スポーツカーとしての使命を新たな極致へと押し上げることで成し遂げられました。

その一例が、リアスクリーンをガラスではなく一体成形のアルミニウム構造としたことです。ここに装備するボルテックス・ジェネレーターには、車体の空力効率を高める働きがありますが、それだけでなく、ルーフと完全に一体となるデザイン・ソリューションを選んだことで、バックボーン的な印象が生まれ、車両の彫刻的フォルムが強調されています。

このモチーフに加えて、ボンネットを横切るカーボンファイバー製ブレードも相まって、車両のボリュームに関する全体的な印象が変わりました。ボンネットは短くなったように見えるので、車体の横幅が強調され、テールはより力強いファストバックとなりました。こうして、シルエットやプロポーション、フォーマルなバランスは812 Superfast と共有しながらも、よりコンパクトなコンペティション・カーのような印象が強まりました。リアスポイラーもいっそう力強く見えます。これは位置が高くなったことに加えて、そこに施されたデザインによって、テールが非常にワイドで、ほとんど水平に見えるからでもあります。

インテリアのアーキテクチャーは812 Superfast を強く反映しており、メインとなるダッシュボードのほか、ドアパネルのインターフェースやボリューム、特徴的なディアパソンのモチーフも変わりません。インテリアのほかの要素と共に、ドアパネルも軽量化のために再設計されました。センター・トンネルにH ゲートのテーマが導入されたことも加わって、コックピットは、このモデルのレーシング・スピリットを反映した、いっそうスポーティーでモダンな印象となりました。